誰でも簡単にたくさん収穫できるジャガイモ栽培

ジャガイモは、約3か月半で収穫出来る生産力の高い野菜です。さまざまな料理に重宝するジャガイモを、簡単に栽培する方法について紹介します。

サイトトップ > ジャガイモの特徴

スポンサードリンク

誰でも簡単にたくさん収穫できるジャガイモ栽培

ジャガイモの特徴


ジャガイモは栄養的にも優れた特徴を持ちます。デンプンが主成分ですが、糖分は他のイモ類に比べてずっと少なく、畑のリンゴと言われる程、ビタミンB1、B6、Cが豊富です。


特に、ジャガイモのビタミンCは加熱しても失われにくいことが特徴で、ホウレン草のビタミンCは3分間茹でると約半分に減ってしまいますが、ジャガイモは丸ごと40分蒸しても3/4は残っています。これはデンプンの糊化により、ビタミンCの溶出が防止されるのためです。


年をとると生理的にビタミンCが不足し、血管や神経が弱くなったり、ボケが始まるなどしますが、ビタミンCを充分含む食品を摂ることで、こうした老化を予防できます。


また、発ガン物質の生成を抑える作用をビタミンCが持っていることが分かりました。体内に充分なビタミンCがあれば、発ガン物質に変わることを阻止できるのです。


さらに、ジャガイモは、イモ類の中では珍しいアルカリ性食品で、ミネラルのカリウム(K)や鉄(Fe)も豊富です。カリウムは体内で塩分(ナトリウム)を排泄する働きがあり、高血圧など成人病の予防に効果があります。


昔は、ジャガイモが壊血病やくる病を防ぎました。今でも、生鮮野菜になかなかありつけない単身族には、買い置きできる重宝なビタミン野菜です。


ちなみに、イモのカロリーは米の半分しかありません。肥満体や痩せたい人は、満腹感を味わえながら、しかも太らないジャガイモこそ、美容食に最適です。


誰でも簡単にたくさん収穫できるジャガイモ栽培

MENU



スポンサードリンク